いざというらお子さんを預け入れる事が出来なくて困った実例について

産後至急、彼氏の実家の近くに移転してきました。あたしは母体が他界しているので、近所に男性の両親が掛かる方が便利です言われて越してきましたが、お決まりがぶっ飛びのお継母様。娘1才の頃、おとうさんが手術を講じる立ち会いをしなくてはならなかったので、男性とご両親に預けた事がありましたが、まさかの無視遊戯。離乳食、おむつ、胸周辺セット用意したにも関わらず、朝から夜中10タイミングまで、胸2回、オムツはウンチのらはじめ回のみしか替えてもらえませんでした。大人間が3人間もいてその対応。毎日涙しっぱなしで、最後は疲れて寝たそうです。お継母様は自分が最先なので、放ったらかしにして、内容に熱望している時だったんだと思います。医院で待たせるのが可哀想で連れて行かなかった事を後悔しました。それ以来、もう2度と預けないと判断しました。あたしが出かけて男性に小児を預け入れると自分で不安見きれないので実家に連れて行ってしまったり、客間している時ごみだらけでチョコレート食べさせ料理無しでいた事もあり。男性に預け入れることも出産してから3才なかばまで数回だ。傍らも越してきたばかりで、小児をお願い出来るまでの人付き合いも無いので、どこにいくにも連れて行かないとなりませんでした。父さんが積極的に養育に参観やる自宅が羨ましい日毎でした。今は幼稚園に入園したので、やっと安心して小児を預けられるテンションができてほっとやるところです。婚活サイトのランキング