憧れたマンガというのは大半がドラゴンボールになってしまっている体験

塾に入学と同時にとある素敵なコミックとめぐりあいました。その標題はテニスの王子さん。当時は全くテニスの認知が無くくたびれるだけのムーブメントだと認識していたがテニスの王子さんを鑑賞してテニスは明るいと考え方が変わったのである。の間塾では部活に入部をするのだかわたしは迷うことなくテニス部に入部をし、主人間公たちのように輝ける日々を想像して四六時中特訓に臨み数か1ヶ月経つとエキスパートとの特訓戦争が組まされた。わたしはテニスの王子様に登場する独創のコツができるか試してみようと思いコミックで観たコツをそのまま健康で表現してみると下手なりにコツができました。特に主人間公の要るグループ仲間ですアクロバットなテニスを始める菊丸英二に憧れを持ってありはじめ年かけて周りに驚かれるほど健康を柔らかくし何度もコミックを付け足し菊丸英二のコツを頭にたたみこみ体裁戦争や特訓戦争で失敗しても繰り返しできそうなところまで実践してみて、そして努力は実ったのか菊丸英二のように全体を使ってテニスボールを打ち返すことにエライ。最初は無理だなと思っていたことが状況でできるようになって感激で涙が止まらなかっただ。その体験がプライドに繋がりほかの独創のコツにも積極的に挑戦して赴き半分分以上はできるようになりました。マニアだったコミックがやってみたいと盛り上がりにしてくれた場合、憧れたを抱かせてくれたことにサンキュー。http://xn--p8j5cnq01bya4lqgt59yj9fut8hw28b.biz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です