ちっちゃな戸惑いなんかどうでもよくなるマンガで気分を変えよう

団地ともおと言うアニメがおススメだ。メイン人パブリックは木下ともおと言うちょっとおバカな小学5年ライフ。人がどうでもいいと思うようなことにはとことんハマるが、誰もが嵌るようなことには全般こだわらない一風変わった適性で、毎回独特の観点から自分なりに問題解決していきます。パパは単身転勤している時でしている時生徒の姉とマミーと団地に住んでいらっしゃる。ともおの近隣で見つかる普通の日常がユニークおかしく時折涙ありで描かれていらっしゃる。OFFベストフレンドが出かけて出向くしている時、自分だけがどこにも連れていって買えず、退屈なしている時で今まで気づかなかったことを発見したり、40代金の我々がむかし感じたような事をともおも感じていることに共感が持てます。平成のちびっこと言うよりは昭和のちびっこのようなあからさまなともおとともおを取りまくベストフレンドや大人も嬉しい味を出していらっしゃる。特におススメなのが「亀の甲より年の甲だよともお」という回のお話。優しそうなともおの祖父の意外な本心に思わず吹き出してしまう。まごのともおを見ながら「うるせーな。」と意志思っていたり、「物心が分からない。」というともおに対して「ともおは物心が付くのが遅かったもんな。」と意志思っていたり、きめ細かい笑いの祖父からは想像ができない毒づいた祖父の本心が愉快でなりません。単位回ともお以外のメイン人パブリックが翻り、その人の気持ちや事態が描かれているのですが単位回面白いだ。団地ともおを見ると低い悩みなんかどうでも良いと窺えるほど胆力つけられるおススメのアニメだ。

小学5年から眼鏡人生でかなりしんどさとした話をしたいと思います。

目線に関することはあたいにとっては危険だらけと言えます。小学5年生から眼鏡をかけ動き出し「ロゼのめがね」とダディーにからかわれました。の間学生になってからは眼鏡が嫌で、レンズを買ってもらいました。当時はディスポーザブルがないので、デイリー純化ボイルをしていました。しかし受験学校をやる頃に、夜遅くまでつけていたり、垂らしたとおり寝てしまったせいで顔合わせのアレルギーになってしまいました。それでも眼鏡をかけるのは嫌で、片方だけつけて過ごしていたこともあります。大人間になってからは、一年中で用い諦めるレンズをウィークに2、3お日様しか垂らしられません。本当はデイリーつけていたいのですが、目線に負担がかかるし、へそくりも要るので必要なタイミングだけつけるようにしています。

そしてあたいはゼロ重眼だ。小さい頃から気にしていましたが何ともなりません。両方だったらいいなと思ったことはしょっちゅうあります。でもそこまでして二重になりたいかと言われたらその重要は今はないです。別人間から見た認識が地味にはなりますが、それが自分のフレーバーだと映るのでその必要はないかと思っています。レーシックも年を取ってくると老眼も始まるし、今はいいかなと思っています。若かったらやりたいと思ったでしょう。でも当てはまるだけでも十分幸せな気がします。ぜいたくは効くません。このままで十分だ。