斬新のリアリティが品物のやりがい

ボクが影響を受け、そしてここで紹介する漫画は、小密生インストラクター作品「咲-Saki-」だ。こういう力作は、麻雀の競技人間口が数億人間を超えたというイメージで、高校麻雀団員に焦点を当て、そのフェスティバルで活躍する女の子らを描いたはなしだ。スピンオフ力作も複数作られ、アニメ化、決戦化を果たし、風変わりカテゴリーです麻雀漫画という分野で圧倒的に人間気を得た力作でもあります。

こういう力作の魅力は、チャートの可愛さや、イメージ、働きを駆使した闘牌争い等がありますが、ボクが恐ろしいと感じたのは、人格最初人間最初人間の設定の細かさだ。身長や年、独特等は当然としても、誕生日や父母の本業、身寄り構図、経済、嗜好等も考えられています。恐ろしいのが、それがほぼ全キャラ考えられていることです。「咲-Saki-」種類には、アップ人間物品が軽く100を乗りこえますが、主キャラ、モブキャラ関係無く設定が考えられています。力作を考察するオタクに因ると、通学路まで設定されているのではないかというセオリーもあります。ここまで詳細に設定が盛られていると、もうその人格が実際に生きているかのとも見えてきます。

「咲-Saki-」の力作のおはことして、オタクによる好きなキャラがばらける、というものがあります。普通は、主要人間公のある学校のキャラや、相手校のキャラが人間気キャラになるでしょうが、「咲-Saki-」はそうではありません。力作している時に数話しか登場しなかったモブに間近いキャラですらオタクが手広く付きます。それは、設定がしっかりと考えられ、人格にリアリティが生まれていたことが要因の一つではないかと思っています。そして、人格最初人間最初人間の現況霊感が、力作全体の持ち味へと繋がっているのかもしれません。

ちなみに、私の好きな人格は清澄ハイスクール麻雀団員、原村ハーモニーの奥さん、原村嘉帆くんだ。44才ですが、非常に幼く、魅力的です。専業主婦が内緒にお金を借りる方法とは?